このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0166-74-8507
受付時間:平日09:00~17:00

空港がある町から東京へ
美味しさを当日中にお届けプロジェクト


第2弾
東神楽町産とうきび&枝豆を空輸配送!

旭川空港が町内にあり、道内でも5番目に面積が小さい東神楽町。
その2つのメリットを活かし、従来東京の消費者の食卓に届くまでに
2日以上かかっていた農産物を、旭川空港からの空輸を活用し、
翌日着・当日着が実現可能となりました。
第1弾の春のアスパラガスに続き、第2弾はとうきび・枝豆をお届けします。
収穫から半日で都内に届く
通常2日はかかる配送を当日/翌日へ

畑から飲食店(都内)まで最短8時間

STEP 1
畑で収穫
07:00
東神楽町の畑でとうきびを収穫
STEP 2
飛行機で空輸
10:10
飛行機で東京へ
STEP 3
ヤマトがお届け
15:00
飲食店へお届け
STEP 3
ヤマトがお届け
15:00
飲食店へお届け

今回のメイン食材は「とうきび」と「枝豆」

とうきび

枝豆

枝豆

その他にも・・・
ヤングコーンをはじめ夏野菜もお届けします

新鮮なとうきび・枝豆を食べる方法


8月26日(金)
朝どれとうきび・枝豆
飲食店で食べて楽しむ

8月24日(水)
朝どれとうきび・枝豆を
ご自宅で楽しむ

8月20日〜9月10日
前日収穫とうきび・枝豆を
ご自宅で楽しむ

8月21日(日)
東神楽町で収穫体験
とうきび・枝豆を堪能

8月21日(日)
東神楽町で収穫体験
とうきび・枝豆を堪能
楽しみ方(1)

都心の飲食店で朝どれとうきび・枝豆を楽しむ[8月26日(金)]

収穫から8時間後には都内の飲食店へ到着!
都心の飲食店で高鮮度のとうきびが味わえます
東神楽町に旭川空港がある価値を最大限利用することで、従来は中1日(収穫後2日~3日後)でしか届けることが出来なかったとうきび・枝豆を、早朝に農家さんが収穫し、昼には飛行機に載せて夕方から東京都内へ配送という連携プレイとヤマト運輸による協力体制によって、都内の飲食店に当日の朝どれをお届け!
今回は、試験運用の為1日限りの実施となりますので、ぜひ各店舗へ予約して堪能してください。

実 施:2022年8月26日(金)
店 舗:下記記載の店舗
メニュー:各店舗によって異なります
予 約:こちらも各店舗にお問い合わせください

参加する飲食店舗はこちら

確定次第掲載
楽しみ方(2)

朝どれとうきび・枝豆をご自宅で楽しむ![8月24日(水)]

港区・中央区・千代田区・渋谷区・品川区・目黒区・大田区の住民限定
朝に収穫したとうきび・枝豆がご自宅に当日18時以降に到着します

消費者向けの朝どれ当日配送になります。
朝、東神楽町で収穫されたとうきびや枝豆などがご自宅に18時以降に届きます。
ご自宅に居ながら北海道の朝どれとうきび・枝豆の美味しさを堪能しませんか?

購 入:JALふるさと納税での寄付限定
数 量:各30セット
寄付額:14,000円
商 品:
 ①とうきび12本セット
 ②とうきび6本+枝豆セット
 ③とうきび4本+夏野菜セット(枝豆・ヤングコーン含む)
エリア:(当日配送可能エリア)港区、中央区、千代田区、渋谷区、品川区、目黒区、大田区
    ※エリア以外の方がご注文された場合、当日配送ではなくなるので中1日以上かかり納品されます
配送日:8月24日(水)のみ

JALふるさと納税で申し込む

とうもろこし12本セット、他2セット
寄付額 14,000円
楽しみ方(3)

収穫後翌日に自宅にとうきび・枝豆をお届け[8月20日(土)~9月10日(土)]

本州のお客様へ限定配送
東神楽町のとうきび・枝豆を収穫翌日にご自宅へお届けします
商 品:
 ①とうきび12本セット
 ②とうきび6本+枝豆セット
 ③とうきび4本+夏野菜セット(枝豆・ヤングコーン含む)
価 格:4,000円(税込・送料込)
産 地:東神楽町(北海道上川郡)
配送先:本州のみ(その他のお客様の所へは翌日到着しない場合がございますのでご注意ください)
配 送:ヤマト運輸
販売数:限定各50セット
注文期間:ご注文は7月中旬~8月20日となります。
購 入:オンライン北海道物産展
楽しみ方(4)

東神楽町で収穫体験[8月21日(日)]

1日限定:とうきび・枝豆収穫体験(ランチ付き)

東神楽ツーリズム企画
東神楽町にきて農業体験しませんか?
日 程 2022年8月21日(日)10:00~13:00
場 所 東神楽町内
参加費 大人2,500円/子ども(小学生以下)1,500円(※未満児OK/人数にはカウントいたしません)
定 員 20名
内 容 1)とうきびと枝豆の収穫
    2)その場で焼きとうきびと茹で枝豆も含めたBBQランチ

本プロジェクトメンバー

ヤマト運輸株式会社
東神楽町
東神楽町地域商社
東神楽町地域商社

お問い合わせ

本プロジェクトへのご質問などは下記のフォームもしくはお電話でお問い合わせください。

東神楽町地域商社
電話 0166-74-8507(担当:関口)
メール shousya@tanetomi.com
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

東神楽町(北海道上川郡)とは

北海道で1番住みここちの良い町、東神楽町

北海道のまん中・旭川空港があるのが東神楽町になります。
人口1万人ほどの、道内5番目に面積が小さいお米を中心とした農業の町
のどかな風景が広がり大雪山系が見渡せる一方で
東神楽町は2021年度の「いい部屋ネット」による『街の住みここちランキング北海道版』で1位を獲得しました。同ランキング2位の旭川市と同3位の東川町にも隣接しており、町民の衣食住遊への満足度が高く、とても住みやすい町です
本プロジェクトは、そんな東神楽町にまだまだ眠ってる魅力を発掘し価値化する
東神楽町地域商社が実施しています
※いい部屋ネット「街の住みここちランキング2021<北海道版>」で1位を獲得